女性のあこがれの美白【白雪姫の様な美肌が手に入る】

微笑む女性

シミやくすみを解決する

ウーマン

スキンケアには限界がある

スキンケアに関する重要なキーワードの1つに美白があります。市販されているスキンケア商品にも美白効果を謳ったものがたくさん存在します。ただ、注意が必要なのは化粧水や美容液、石鹸などは医薬品ではないので、お肌のトラブルを「治療」する効果はないということです。市販製品の美白効果とはあくまでも現状を維持し、トラブルを予防することに効能の重点がおかれています。ですからもし維持や予防でなく、すでにトラブルになってしまったお肌を改善したいというのであれば、それは医療の分野が担当することになります。現在、美容外科や美容皮膚科などのクリニックでは、さまざまな美白治療のメニューを提供しています。美白治療はお肌の色にまつわるさまざまなトラブルへの対応が可能です。治療内容も多種多様で、塗り薬を使った伝統的なものもあれば最新の治療機器を駆使したメカニックなものもあります。また、美白のみならずお肌の健康を総合的に維持・増進することのできるメニューも用意されています。何より人気を呼んでいるのは、1人1人のお肌の状態に合わせたアドバイスです。医療機関ならではの専門的な知見に基づいた判断により、最適な治療方法を選ぶたけではなく日々の生活の中で気をつけるべき事項などについても助言が得られます。

原因に応じた最適な医療を

色にまつわるお肌のトラブルとして代表的なのが、色素沈着です。具体的にはシミ・そばかす・肝斑などを指します。これらはいずれも表面的には似た現象ですが、特徴や原因はそれぞれ異なります。そのため正しい治療法を選択しないと逆効果になってしまうこともあります。だからこそ専門的な判断は非常に重要なものとなります。また、肌の全体的なくすみも美白治療の対象になります。これはターンオーバーの乱れが主な原因です。美白治療には大きく分けて薬物を使ったもの、ピーリング効果を目指すもの、レーザーや光を使った機械的なものの3種類があります。このうち薬物療法はトラネキサム酸やトレチノインといった皮膚細胞の分裂・増殖を促す医薬品を使った治療で、外用薬と内服薬があります。優れた抗酸化作用を持つビタミンCを肌から直接吸収させるような手法もあります。次のピーリングは特殊な酸などを使うことで古い角質層を剥がし、フレッシュな肌のよみがえりを促進するというものです。最後の機器を使った治療は、今後普及が進むものと考えられている治療法です。特殊なレーザーや光を当てて熱による刺激を与え、色素が抜けなくなった細胞を死滅させるとともにコラーゲンの生成を促進するなどしてお肌の健康を取り戻します。