女性のあこがれの美白【白雪姫の様な美肌が手に入る】

微笑む女性

顔を美しく輝かせるために

頬に注射

点滴をつかった整形

女性ならば誰もがシミやくすみやそばかすのない美しく白い肌でありたいものだと思います。綺麗な肌ならば年相応よりも若くみられますし、鏡に映る自分の顔にも自信を持つことができ、心が活き活きとし、弾んだ気分にさせてくれるはずです。美白治療についてその特徴を簡単にですが説明していきます。美白治療による整形には、点滴を使うものがあります。顔に美白に有効な成分をダイレクトに血管に注入していく方法です。その成分とは、美容効果が高く巷で話題となっている胎盤であるプラセンタ、肌の代謝を良くするミネラル、他にも酵素やビタミンCなどです。点滴による治療は、薬剤が消化管を経由しないため、その成分が体に巡る過程で失われにくく、高濃度の状態を保持したまま体に行き渡らせることができます。ですので、内服薬よりも効果的だといえます。またシミやそながすを薄くし、目立たせなくする他にも別の効果も期待できます。それは肝班(かんぱん)の改善です。日本人は肝班ができやすく、特に肌の浅黒い人ができやすいです。それを改善できるのも美白治療の点滴の魅力のひとつです。メラニンなどの成分を抑制し、コラーゲンを生成し、肌の調子を整えて透き通るような肌へと導いてくれます。

注意点やデメリット

そんな点滴による美白治療ですが、注意を払わなくてはならない点があります。点滴にはプラセンタが使われると前述しました。プラセンタは肝臓病、更年期障害、アンチエイジング、生理前の肌荒れを防ぐ効果があり、また即効性が高いので、今大変注目されている美容成分です。プラセンタ注射を点滴による美白治療には行われるのですが、感染症のリスクを伴います。プラセンタ注射はヒトの胎盤を原料としますので、感染症の危険性が少なからずあります。健康な妊婦のものに選別されているか、プラセンタの製造過程で滅菌されていれば安全ではありますが、ヒトの胎盤を使っている以上、感染の可能性が全くないことを保証するのは難しいとされています。しかし、美容外科治療の技術は進化していますので、安心してプラセンタ注射を受けることができるようになる日も近いでしょう。また、プラセンタ注射を行った人は献血をすることができません。どうしても献血をしたいという人はプラセンタを抜いて治療することもできます。また、点滴によるプラセンタ注射はショック症状、アレルギー、過敏症などの副作用がわずかに起こることがあります。また、生理不順になったというケースもあります。なので、アレルギーなどの心配がある場合は医師へ相談しましょう。